専業主婦がカードローンを使いたい場合は商品選定が重要

専業主婦がカードローンを使いたい場合は商品選定が重要

専業主婦がカードローンを使う場合

本人に収入を持たない専業主婦の方がカードローンを利用する場合には、注意点がいくつかあります。パート主婦などの自身に収入を持つのであればそこまで気にする必要はありませんが、専業主婦となると注意点があるのです。

 

 

専業主婦でもお金を借りたい

専業主婦であっても、カードローンでお金が借りたいときはあります。急な出費や買い物、趣味の費用など、大きな金額は不要でも10万円程度までであれば借りたいと考える方も多いです。

 

お金を借りるとなると真っ先に思い浮かぶのがTVCMでも見かける消費者金融ですが、専業主婦の方は現在の消費者金融では利用は出来ないと言ってもいいでしょう。配偶者貸付とされる制度で利用は一応は可能としているのですが、そのハードルは非常に高いです。

 

利用条件の一つに配偶者の同意や確認があるため、専業主婦の方が配偶者貸付制度を利用して消費者金融から借りるとなると、配偶者に内緒では利用が出来ません。それに、そもそも大手の消費者金融は配偶者貸付を使ってまで専業主婦への貸付は行っていないので、やはり利用が出来ないのです。

 

専業主婦は銀行で借りる

では専業主婦の方がカードローンを利用するとなるとどこになるのかと言えば、意外にも銀行です。消費者金融よりも審査が厳しいとされる銀行ですが、一部の銀行カードローンでは配偶者に内緒で、同意や確認不要で借りられるようになっています。

 

貸金業者ではない銀行だからこそのサービスであり、お金を借りたいと考える専業主婦の方には大変助かるカードローンとなるのです。

 

ただ、注意をしておきたいのが、専業主婦が借りられる銀行をしっかりと選ぶ必要があります。専業主婦でも利用が可能となるのは有名なところでみずほ銀行のカードローン、イオン銀行のカードローンなどがありますので、まずはこれらを確認しておくと良いでしょう。

 

特に人気があるのがみずほ銀行カードローンですので、詳しい内容をみずほ銀行カードローンの主婦利用で調べてください。

 

家族にナイショでカードローンキャッシング

家族にナイショでカードローンを利用したいとき、申し込みや契約方法に気をつけなければいけないポイントがあります。最近のカードローンはプライバシーに配慮されてはいますが、同居する家族にはやはりバレやすく、慎重に利用方法を検討しなければいけません。

 

まず、一番最初に注意したいポイントは自宅への電話確認です。申し込みの時点で固定電話と携帯電話の番号記入欄があり、どちらか片方でも審査は受けられます。しかし、固定電話の番号だけを記入すると本人確認の電話がある場合、自宅に電話がかかってきます。携帯電話の番号を記入すればそちらがたいてい優先されるので携帯番号もきちんと入力しましょう。ちなみに固定電話の番号も併記すると審査では有利になります。

 

次に注意すべきなのは自宅への郵送物です。ネット契約をした場合、たいてい自宅にカードが郵送されます。自動契約機や店頭窓口で契約すれば直接カードを受け取れるので、そちらのほうが安全です。

 

どうしても店舗や無人契約機を利用したくないと言う方は、本人限定受取で送られてくるものや配達時間を指定できるサービスを行っているカードローンを選んで利用しましょう。送られてくる封筒は一見するとカードローン関係とわからないようになっているので、家族に知られる可能性はかなり低いでしょう。

 

返済をしっかりと行うことも重要

家族にばれずに借り入れを利用するためには、返済をしっかりと進めることも言うまでも無く重要です。返済が滞れば連絡や通知で家族にばれる可能性があります。しっかりと遅れず、仮に遅れるとしても連絡をしてから入金をすれば良いので、正常な利用を進めている間は家族にはばれずにカードローンの利用が出来るでしょう。

 

また、専業主婦での利用は出来ませんが、来店不要で借りられるオリックス銀行カードローンの手続きは本人以外には銀行名を出さないので、プライバシーを守った安心の手続きを進めてくれると評判です。